• ホーム > 
  • 採用情報 > 
  • 事務職員

事務職員このページを印刷する - 事務職員

事務職員採用情報

業務風景

病院は医師、看護師、薬剤師をはじめとする数多くの医療スペシャリストで構成され、それぞれの職種が必要な役割や機能を分担し、医療の提供を行っています。
そのなかで事務部門は、企画課と管理課で構成され、病院の運営方針や将来構想を企画・立案し、また病院で働く全職員が働きやすい職場環境を整え、病院運営の円滑な遂行に努めており、さまざまな場面で医療チームの一員として病院運営に携わっています。
 

事務部門の業務

業務風景
○企画課(会計部門)の業務
企画課(会計部門)では、医薬品や医療材料等の購入、業務委託、病棟等の建替工事などの契約に関する業務、各種財務諸表の作成、病院の債権・債務の管理等を行います。 企業会計制度に基づいた透明性の高い会計処理を実現しています。
 
○企画課(医事部門)の業務
病院の高い収入源である診療報酬の管理に関する業務を行います。外来及び入退院の受付、診療費の計算・請求、診療報酬に関する分析、地域の医療機関との連携等、病院の収益増をはかるための中心的な部門となります。また、医療訴訟に関する対応や医療関係法令に基づく各種手続き・報告等も重要な業務のひとつです。

○管理課の業務
管理課では、職員の人事・給与に関する業務、職員研修の企画立案、労務管理に関する業務等を行います。病院は、医師・看護師・コメディカル職員・事務職員など様々な職種が集まって医療チームとして活動していますが、その多種多様な人材全てが、高いモチベーションをもって働くことができる労働環境の構築に取り組んでいます。

○経営企画室
経営企画室では、経営に関するデータを収集・分析し、病院の運営方針・経営戦略・病院の将来構想などの検討を行い、病院の経営判断・意思決定のもととなる資料の作成、企画立案等を行います。病院の運営を戦略的に推進するための牽引役と言える部門です。

○その他業務
【災害時の対応】
災害などが発生した場合には、国立病院機構の全国ネットワークを活用し、いち早く医療班や災害派遣医療チーム(DMAT)を派遣するなどの対応を行っています。また、東京の災害医療センターと大阪の大阪医療センターには、厚生労働省DMAT事 務局が設置されており、日本全体の災害医療の拠点として「災害医療従事者研修」や厚生労働省委託事業「日本DMAT隊員養成研修」を実施するなど、全国各地の医療機 関に対する研修をはじめとした教育、訓練などに積極的に取り組んでいます。
 
【病院祭やイベントの運営】
広報活動の一環として、病院祭、看護の日、クリスマスコンサートなどの季節イベントを各病院で開催しています。事務職として開催の企画・立案やポスター制作な どの運営を行っています。また、地域に密着した病院運営を目指しており、地域のイベントにも積極的に参加し、健康フェア(医療職種による無料相談会など)を開催し地域に貢献しています。

【日直・当直業務】
医療機関は、365日・24時間運営していることから、休日に勤務する日直や夜間勤務する当直業務があります。
病院の規模や診療機能等によって異なりますが、日直は1回~2回程度、当直は2回~3回程度あります。主に院内監視や電話対応等の管理的な業務となります。

  

キャリアイメージについて

キャリア開発について

関東信越グループでは、それぞれ特性のある病院で様々な経験を積み、キャリアップを図る目的で人事異動を行っています。
基本的には、採用されてすぐの一般職員の間は、採用された病院で勤務となり、まずはそこで様々な経験を積みます。その後、係長へ昇任するための選考試験を受けることができ、合格すると係長昇任候補者となります。
係長昇任となった際は病院を異動することになり、その後も概ね3年程度の期間で異動し、様々な病院や業務を経験することで、班長・課長への昇任の途が開けます。あなたの努力次第で、病院の事務部長に昇任することも可能です。

キャリアイメージ

基礎研修プログラム

Tact(タクト)システム
事務職員人材育成プログラムは病院事務職員の「採用1~4年目」を対象として実施するものです。
採用初年度から4年目まで、それぞれの段階に合わせた研修項目を揃え、業務遂行能力の向上やキャリア形成のための基礎力の養成等を目的に行います。事務職員が、幅の広い業務を吸収し、院長の求めに応じられる体制を築くために作成されたプログラムとなっています。

ステップアップ

事務職採用試験について

【募集要項】
1.募集職種 : 事務職(総合職)
2.募集人数 : 40名程度
3.採用時期 : 令和4年4月1日
 ※既卒者については病院の欠員状況により令和3年10月1日以降に採用される場合があります。   
4.受験資格 : 専門、短大、4年制大学の学部又は大学院を卒業(修了)及び
         令和3年3月卒業(修了)見込みの者
5.応募方法 : マイナビ2022より応募を受け付けております。

【選考方法】
選考試験にかかる詳細については、マイナビを通じてご連絡いたします。  

選考方法 試験日 試験会場
一次試験 Webテスト
(言語理解、計数理解、パーソナリティ)
令和3年4月23日~5月9日
二次試験 Web面接
(個別面接15分)
令和3年5月26日(水)
令和3年5月27日(木)
令和3年5月28日(金)
最終試験
(個別面接15分)
令和3年6月26日(土) 国立病院機構本部
関東信越グループ

※採用内定は令和3年10月1日以降に通知致します。
 

【エントリーはこちらから↓】
 

処遇関係について

給与等について

基本給 大学4卒   179,000円~
短大、専門2卒 157,600円~
専門1卒 152,300円~
昇給 年1回 1月1日に昇給
諸手当 地域手当 基本給の最大20%、勤務地による
通勤手当 月額最高55,000円まで全額支給
住居手当 借家の場合、最高27,000円支給
扶養手当 扶養人数に応じて、6,500円より
超過勤務手当 時間外及び休日に勤務した場合に支給
宿日直手当 宿日直の回数に応じて支給
業績手当(賞与) 年2回(6月30日、12月10日)4.2ヶ月分程度
※独立行政法人国立病院機構職員給与規程による。

勤務時間等について

勤務時間 ○月曜日~金曜日
8:30分 ~ 17:15分(週38時間45分)
※勤務施設の勤務体制により異なる場合もある。
休日 ○土・日曜日、国民の祝日、年末年始の休日
※日直等で休日勤務となる場合は、原則休日を振り替える。
年次休暇 ○年次休暇:採用時に20日を付与
 20日を限度として、その翌年度に繰越可能
○リフレッシュ休暇:採用時に3日を付与
 3日を限度として、その翌年度に繰越可能
特別休暇 結婚、弔事、産前・産後、子の看護など

その他の制度について

○社会保険等
 国家公務員共済組合連合会に加入している共済組合に加入し、社会保険給付、年金給付を受けることが可能です。

○育児・介護休業
 育児休業、育児短時間休業、介護休業等の休業制度があります。

○宿舎
 事務職向け宿舎及び院内保育所があります。
 賃貸住宅を借りて住居手当を受け取ることも可能です。
 ※入居等の可否は病院によって異なります。

○その他
 定期健康診断、財形貯蓄制度、引っ越しやレンタカー、ホテルの割引制度などが充実しています。

勤務地について

1都9県(茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、新潟県、山梨県、長野県)32病院のいずれかに採用となります。それぞれの特性のある病院で、様々な経験を積み、キャリアアップを図る目的で人事異動を行っております。係長昇任後は概ね3年程度の期間で異動し、様々な病院や業務を経験することで、専門職・班長・課長へとキャリアアップすることが可能です。
また、国立病院機構全体を掌握する国立病院機構本部やグループ、厚生労働省、国立ハンセン病療養所、国立高度専門医療研究センターとの人事交流もあり、幅広い分野で活躍することができます。

病院の特徴は、病院のホームページよりご確認ください。

  • ホーム > 
  • 採用情報 > 
  • 事務職員